ロレックス、オメガなどのブランド時計、セイコー、シチズンなどの国産時計から今人気の時計までをいろいろご紹介
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
dior マリス クリスタル セイフィティピン 052110A001 ブラック (レディース)
dior マリス クリスタル セイフィティピン 052110A001 ブラック (レディース) [並行輸入品] dior マリス クリスタル セイフィティピン 052110A001 ブラック (レディース) [並行輸入品]
()
dior
この商品の詳細を見る


メーカー型番 : 052110A001
ケースサイズ : 約19 x 26mm
文字盤サイズ : 約13 x 17mm
厚さ : 約6mm
ベルト幅 : 約14mm
1947年に「ニュールック旋風」から始まったディオール伝説は、ジョン・ガリアーノが見せた伝統に独自スタイルを取り入れる新たなコレクションにより、さらなる飛躍を遂げる。さらにディオール・ウォモに展開されるエディ・スリマンの力は男性のみならず女性の注目すら集め、60年代、「流行の神様」と呼ばれたディオールは再びその名をファッション界で熱くする。
クリスチャンディオールのイニシャル「C」と「D」をモチーフにしたユーモアなブレスレットとレザーストラップは、気分やスタイルに合わせて自由に交換でき、フェミニンもアヴァンギャルドもウォッチの表現は思いのまま。フランス語で「いたずら」という意味を持つ「マリス」は、可愛らしさを忘れない大人の女性を鮮やかに演出します。

このメーカーについて
1946年、コットン王と呼ばれていたマルセル・ブサックの支援を受け、パリに「クリスチャン・ディオールオートクチュール メゾン」を開業する。現在も使われている星形のモチーフは、開業前ディオールがブサックに会いに行く時につまずいた星形の馬車部品を拾ってポケットに入れ、そのままメゾン設立の夢を語ったことから来ている。
開業間もない1948年には、アメリカでライセンス生産を開始。ナイロンストッキングを生産し始める。これがブランドによるライセンス生産のはしりだと言われている。クリスチャン・ディオールのライセンス生産は、この後ネクタイ、下着、靴下、アクセサリーへと拡大し、1980年代後半には200を越えるライセンスを抱えていたという。
またデザイン業界においても、1948年のジグザグラインから始まり、パーティカルライン、オーバル、シニュアス、チューリップ、Hライン、Aライン、アローラインと次々に新しいラインを生み出し、この手法は現在に至るまで多くの影響を与え続けている。
1957年ディオールの死語、イブ・サンローランが主任デザイナーに着任し、その後もジャンフランコ・フェレ、ジョン・ガリアーニなど有名デザイナーがその任に就くことになる。
1988年にLVMHグループの傘下に入り、バッグや靴、時計など、あらゆるファッション関連商品を発表し続けている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。